ウェディングシーンにおけるプリザーブドフラワー

日本においてプリザーブドフラワーは、ウェディングシーンから広まったと言われています。

とはいえ、実際には生花や造花が使われることが多かったのですが、近年ではプリザーブドフラワーを選ぶ人が増えていています。
その理由は、結婚式の素敵な思い出を形として残しておくことができるという点が大きいようです。

結婚式で使ったフラワーアイテムを押し花やドライフラワーにして保存するサービスもありますが、プリザーブドフラワーなら瑞々しさまでもそのままに残しておくことができるのです。



他にも、造花よりも生花に限りなく近い見た目でありながら、生花よりも取り扱いが簡単だという点が挙げられます。

ウェディングアイテムには、ブーケ・ウェルカムボード・リングピローなど様々なものがありますが、これらを手作りする場合にプリザーブドフラワーはぴったりなのです。



華やかなアイテムにするためにはやはり花を使いたい、しかし本物の花では当日か、早くても前日に作らないと花がしおれてしまいます。
かといって、造花ではなんだか華やかさに欠けてしまいます。

幅広い分野の47NEWSをご提案いたします。

プリザーブドフラワーなら、きちんと保管をしていれば何ヵ月も前から入念に作って準備しておくことができるのです。その他にも軽くて持ち運びやすい、カラーバリエーションが豊富、水を使わないので布製のマスコットや紙製のアイテムとの併用も可能といったたくさんの利点もあり、今やウェディングシーンで大活躍する存在となっています。