誕生日に贈るプリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーとは、生花などを特殊な液体につけて水分などを取り除いた状態にして、見た目は生花と変わらない状態でも長期間その状態をキープできるのが特徴です。このように、生花と見た目が変わらないプリザーブドフラワーは誕生日などの記念日などの贈り物として非常に人気があります。


生花の場合、水やりをはじめ、花瓶の準備など多くの手間がかかります。

その点、プリザーブドフラワーはその状態のまま保管しておけば良く、水やりの必要もありません。
誕生日に贈る場合にはメッセージを添えて贈ることで、何歳の誕生日でどんな記念日になったかが長期間にわたって、思い出として残すことができます。



プリザーブドフラワーはそのまま売られている場合もあれば、自分で生花を選択してオリジナルのプリザーブドフラワーを作ってくれるショップも存在しています。



インターネットでも簡単に注文を受け付けているショップも多く存在しているため、自由に選択することができます。

誕生日だけでなく、結婚記念日などの記念としても非常に選びやすい贈り物になります。

最新のiemo全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

生花に比べ扱いが楽で長持ちするため、記念日ごとに異なる生花を加工するということもできます。

ただし、直射日光や湿気には弱いため、今の状態をキレイに保つためには注意事項をしっかりと読むことが大切です。

毎年訪れる誕生日に1つ1つ増えていくように飾っておくのもその時にしかない思い出に浸ることもできます。